埼玉県の分譲一戸建て不動産情報なら「住まいと地域の交流を演出する~リプロの住まい~」

現地見学の際は来場予約をいただくとスムーズです 資料請求 来場予約

制震構造の家

リプロが地震対策を考えたら、このような形になりました

日本は、4枚の大陸プレートがぶつかり合ってできた火山地帯という、世界でも類を見ない特殊な立地にあり、 昔から地震大国と言われてきました。「今後30年間に地震の起きる確率は」などと、話題になる事もしばしばです。

では、国土交通省の定める耐震基準を満たしていれば、地震に対する備えは万全なのでしょうか…。

この基準は、大震災クラスの地震に対して、一気に崩落してしまわない強度を基準にしているもので、想定内の地震であれば、 倒壊は免れるであろうという基準であって、万全とまでは言えません。

リプロでも、単に耐震基準をクリアするだけでなく、より耐震強度を持った建材や工法を採用するなどして、 少しでも安心できる住宅が提供できるよう努力してきました。

阪神淡路大震災以後、国も建築基準を見直すなど、多くの方が、より身近な事として、地震対策について関心を持っていただけるようになりました。

現在、考えられる地震対策としては、免震機能を持った建物が一番効果的だと言われ、マンション等の大型構造物には、 この免震構造を持ったものも多くなってきています。

しかし、一般の住宅に対して、これをそのまま適用できるかというと、立地条件や経済的に難しいと言わざるを得ません。

「現時点で、現実的で一番良い地震対策は?」「免震住宅となると立地的にも経済的にも難しい、 しかし、耐震基準クリアだけでは心もとない」というご要望に対して、リプロが検討し、 出した一つの答えが、今回ご提案する、制震ダンパーを組み込んだ制震構造住宅という訳です。

制震ダンパーとは…?

一般的には、ダンパーとはショックアブソーバーのことで、衝撃緩衝装置、すなわち衝撃を吸収するための装置と言ったら良いでしょうか... ある見方をすれば、一般的な筋かいもこの一種になるかもしれません。

但し、筋かいは、元々が躯体の変形を防ぐ(耐震)のが目的であって、制震とは言いませんし、 防ぎきれないエネルギーは、自身が破壊されてしまう事で衝撃を吸収することになるので、 1回は機能するものの、破壊されてしまった後の効果は無くなってしまいます。

また、最近では、パネルを壁全体に、更には、建物全体に貼ることで力を分散させ、耐震強度を持たせる方法が、 一般的になってきていますが、パネル自体に復元力や減衰力を備えているわけではないので、この場合も、 パネル自体が破壊されてしまえば効果はゼロになってしまいます。

いずれの場合も短時間に立て続けに、もしくは余震のように数度にわたって、限界を超えるような衝撃に見舞われてしまった場合には、 効果は期待できくなってしまいます。要は、この筋かいや耐力パネルに、地震の振動に対する減衰力と復元力の機能を持たせたものが制震ダンパーというわけです。

制震ダンパーは、地震の揺れによるエネルギーを熱に変換してしまうことで揺れを減衰させ、建物の変形を抑える機能を持っています。

一概に制震装置といっても多種多様の種類があり、オイル緩衝装置によるもの、従来パネルと柱の間に粘性ゴムを貼るもの、 金属板の変形そのものを制震に利用したもの、等々…

施工方法についても、躯体の一部として組み込んで効率良く制震できるようにしたものから、 建物全面に施工することで建物全体で受け止めるものまで、それぞれに特色がありますが、リプロでは、 独自に様々な検討を行いオーバル社のITダンパーを採用しました。

  • 地盤ネット
  • LEPLUS GVA
  • CMギャラリー

店舗のご案内

リプロのネットワークでお客様の快適な住まい探しをお手伝い

  • CMギャラリー
  • この街からNEW LIFE~LIPROイメージソング~
  • 不動産のことでこんなお悩みありませんか?
  • (株)リプロは、リプロコミュニケーションズグループとして「リプロカップ」さいたま市ミニバスケットボール秋季大会に協賛し、さいたま市の子供たちを応援しています。

  • CSR活動

協力会社